「長期満室」の賃貸オーナーとは その1 2014年5月3日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  5月3日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年5月3日【「長期満室」の賃貸オーナーとは その1】

こんにちは!

いつも大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

 

賃貸住宅市場が年々厳しさを増す中、これまで通りの事業展開に危機感を覚えている賃貸オーナーが増えているそうです。

ハードやスペックの差別化で新たな対策を模索する動きもありますが、それらの取り組みはコストや時代の移り変わりで一定の限界があるのも事実です。

長期満室」を実現するには何が必要なのでしょうか。

和不動産では現在、不動産投資を行っているオーナー様から管理を任されている物件全体の入居率98%を維持していますが、

個人で賃貸オーナーとして長期満室を実現している方々の取り組みについて、住宅新報から紹介したいと思います。

 

ちょっとの気配りが大きな差に繋がる

物件のプランニングを担当している清水勝氏(プランニング会社社長)は、「“ちょっとの気配り”でも、それが3つ重なると大きな気配りとして入居者に伝わる」と語ります。

オーナーから入居者に対して当たり前に提供されるべき、

*きれいである

*清潔感がある

*良い雰囲気である

*便利である

といった事柄について、実現できていない物件が多いといいます。

ですから、「当たり前のことを当たり前に行えば、差別化できる」と話しています。

そして、その「当たり前」のことを「深堀り」すると、より競争力のある物件に仕上がるという事です。

AS035_L

例えば、「良い雰囲気」にするために、外構に丁寧な植栽を設ければその「深掘り」となります。

錆びた金網をきれいにふき取るだけでなく、磨き上げれば「深掘り」に繋がります。

清水氏曰く、「自分(オーナー)の好みを物件に反映させるのではなく、“人”として嬉しいか、気持ちがよいかといった当たり前のことを、物件で実践できているかが重要」であるという事です。

自分本位ではない、入居者の立場を考えた賃貸経営というのは、「経営」というよりも、「サービス」という言葉がぴったりと当てはまりそうですね。

 

次回に続きます!

オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 メディア掲載実績 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 読売新聞掲載 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー