2020年 普通の家は? 2014年8月19日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2014  >  8月19日

スタッフブログ

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2014年8月19日【2020年 普通の家は?】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。

本日は住宅新報より「情報通信技術と住空間が一体に」という記事をご紹介させて頂きます!

 

*三井不レジなど3社で提案

三井不動産レジデンシャル、トラフ建築設計事務所、カヤックの3社は

8月6日~10日と23・24日、30・31日、

東京都中央区佃で、少し未来の住まいと暮らしを体験できる

2020ふつうの家展~Park Homes EXPO2014」を開きます。

会場は三井不動産レジデンシャルの

一緒に考える体感型施設「パークホームズイズイマジネーションミュージアム」。

情報通信技術と住空間が一体化した、家が人のパートナーのような存在になり、

住む人のコミュニケーションをより豊かにしていく未来の家を想像したそうです。

2020年は東京都が掲げる住宅マスタープラン・ガイドラインで定義された期間の最終年度で

そのガイドラインに基づいた暮らしのイメージを表現したそう。

 

*未来の家ってどんな家?

このイベントで想像された未来の家。

具体的には、

①料理も工作もナビゲーションやデジタル機器で作れる範囲が広がる「ツクル空間

②誕生会や毎日の夕食の風景がテーブルに再現される「キオクスル食卓

③離れた家族や海外の友達と家の中にいながら日常的に交流できる「ツナガル窓

④その日の気分に合わせて扉の開く音を変えられる「オトナル扉

の4つを展示するそうです。

また期間中は、自分の部屋に名前を付けるワークショップやツナガル窓を使って

フィリピン・セブ島の子供達とゲームを楽しむ実演もあるようです。

 

*未来はそう遠いことではない

三井不動産レジデンシャルによると、

「展示内容は実験的だが、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)が一般化したことで

家電だけではなく家具の領域もデジタル化してくる。今後は寝室やトイレ空間での提案に取り組む。

実際のマンションでの採用については、顧客の反応を見ながら検討していく」とのこと。

 

スマートフォンの普及のように、私たちがまだまだ遠いと思っている未来は今や当たり前に日常に反映されて

もおかしくない時代になってきています。

今後人々の生活空間、ライフスタイルの変化によって、マンションの内装やリフォームなど

今までの考えを一度改めなければならないときが来るかもしれません。

不動産投資家の皆様も、「そんなのまだ先の話」と思わず

一度こういった先取り情報を自分の目で確かめて感じてみるのはいかがでしょうか?201315293054

 

扉を開けると音が鳴るマンション、想像するとわくわくしてしまいますね。

 

ではまた次回のコラムでお会いしましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー