何が違う?耐震・制振・免震の違いとは 2015年4月25日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

スタッフブログ(2015年4月25日)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015/4/25【何が違う?耐震・制振・免震の違いとは】

こんにちは!

いつも皆様には大変お世話になっております。

不動産投資セミナーでおなじみの和不動産、

Web担当の小西です。

 

“地震大国日本”と言われるように、日本は他国に比べて非常に地震の多い国です。

東北で起こった大震災の影響もあり、いざ自分の物件が震災の被害を受けたらどうしよう…

と考えられるオーナー様も少なくはないようです。

そこで、今回のコラムでは震災に備え、建物に施す「耐震・制振・免震」の違いについて

ご説明したいと思います!

 

【耐震構造】~柱や梁を頑丈にして、地震の揺れに耐える~

マンションは鉄筋コンクリートの柱や梁、壁などの骨組み(構造躯体)で建物を耐震

支えています。建物の重さを支えるので、下の階ほど柱や梁が上部に作られています。

この躯体の強度を強くして、建物が地震で倒れないように耐える仕組み

耐震構造です。地震の大きさによっては壁にヒビが入ることがありますが、

それにより建物全体が倒壊することを防ぎます。この耐震構造は地面に

固定されてしなるように揺れるため、一般的には上の階に行くほど振れ幅が

大きく、揺れ方が大きくなります。

 

【制振構造】~設置された制振部材が地震の揺れを吸収する~

地震や強風による振動を弱めるために、クッションの働きをする精神

ダンパー(緩衝剤)と呼ばれる精神部材を組み込むのが制振構造です。

地震が発生すると制振部材が揺れを吸収し、揺れる時間が短くなるので

構造躯体が損傷しにくくなります。これは地震の揺れだけではなく、

強風による揺れにも効果があるので、採用するタワーマンションに採用

されることが多いです。一般的に上層階ほど揺れが大きくなる点は

耐震構造と同様ですが耐震構造よりも揺れる時間が短くなります。

 

【免震構造】~免震装置で建物に揺れを伝えにくくする~

免震構造は、地面に接する基礎部分などに免震装置を設置して地面と免震

建物を切り離し、建物に地震の揺れが直接伝わらないようにする

仕組みのことです。免震アイソレーターと呼ばれる装置を建物と

地面の間に入れ、地震の揺れが伝わりにくくしています。

このゴム製などの装置が地震の強い揺れを吸収し、ゆっくりとした

動きに変えることで建物に伝わる揺れのエネルギーを小さくします。

耐震や制振構造はしなる等に揺れるのが特徴ですが、免震構造は

ゆっくり水平移動小するように揺れるので、建物の中にいる人は

強い揺れを感じにくくなります。

 

いかがでしょうか?


同じような意味合いの言葉に聞こえますが、その仕組みは似て非なるもの。

ご自身が物件をご購入される際には、今回のコラムのことを思い出しながら

建物の構造などに注目して頂ければ幸いです。

 

では最後までお付き合いただきありがとうございました!

また次回のコラムでお会いしましょう!

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー