データでみるニッポン~日本の潜在力~ 2015年08月28日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

スタッフブログ(2015年8月28日)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2015/08/28 データでみるニッポン~日本の潜在力~

こんにちは! いつも皆様には大変お世話になっております。 不動産投資セミナーでおなじみの和不動産でございます。 世界的に見ても、都市部への人口集中度が高まっている日本ですが、 大都市と地方の活力や、生活環境などはどう変化しているのでしょうか。 日本経済新聞の記事から、 前回引越しについてふれた記事を書きましたが、 「今回は都道府県別に比較した人の出入り」がありました。

第1位…東京(76,027人)
第2位…埼玉(18,375人)
第3位…神奈川(14,887人)
第4位愛知 第5位千葉 第6位宮城 第7位福岡
総務省の「住民基本台帳人口移動報告」によると、転入者数が転出者数を上回る「転入超」だったのは、 上記のみだったそうです。 上位3位までは東京圏が占めております。 ちなみに、転出超が多かった上位は、北海道、兵庫、静岡です。

AV095_L

理由の一つとして、大学新設あるいは移設により東京圏に引越しをする 学生の増加が背景にあるようです。 少子高齢化が進み、総人口が減少傾向にあると言われていますが、 生活していくなかで重要なことは、暮らしやすさ・利便性だと考えられます。

総務省の2011年社会生活基本調査によると、 通勤・通学にかかる平均時間が最も長いのは43分最も短いのは20分という結果がでています。 平均時間は30分くらいになりますね。 学生の場合は、近ければ近くで探したいと思うかたが多いと思われます。 社会人になると、会社までの距離も遠すぎず、休日も充実したいと考える方が多い中、 どこにでも、長時間かけることなく移動できるエリアに住みたいとお考えになる方が多いです。 お住まいの地域でもお買い物ができたり、生活必需品をそろえることができるなどの お店や商店街が充実していれば、なおよしですね!

大学の移設なども行われている中、再開発も都心部ではどんどん進んでいます。 変わる街並み、人口の変化なども見ながら都心部でもどのエリアが面白いのか。 考えてみるのも楽しいですね。

201429279908

では、最後までお付き合いいただきありがとうございました!


不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー