『レオパレス21施工不良問題』2019年2月13日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2019  >  02/13

スタッフブログ(2019/02/13)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2019/02/13 『レオパレス21施工不良問題』

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。

このスタッフブログをご覧の方は、レオパレス21の物件で新たに施工不良が発覚した問題に注目している方が多いのではないでしょうか。 今回の問題は昨年発覚した施工不良問題とは異なる内容です。昨年発覚したのは「小屋裏の界壁の不在」です。この問題は壁と天井である程度の準耐火性能は出せることから、やや緊急性は低かったため、レオパレス21ではまずは全棟で施工不良を調査していたところでした。 そして、今回発覚した問題で重大であったのは、「3階建ての天井の部材の量が、耐火基準を満たしていない」という耐火構造に関わる建築基準法違反でした。 詳しくは、本号の不動産投資トピックスをご覧ください。

さて、今回のスタッフブログは、以下の内容でお届け致します!

◆不動産投資トピックス『レオパレス21施工不良問題』
◆和不動産トピックス『代表・仲宗根のセミナーを追加で開催』

ぜひ、最後までご覧くださいませ!

トピックス

【レオパレス21施工不良問題】

レオパレス21施工不良問題

今月8日、賃貸アパート大手のレオパレス21において建築基準法違反が発覚した問題で、同社の販売した物件の入居者1万4400人あまりのうち、特に危険性が高いとされる物件の入居者7,700人に3月末までの転居要請が出されました。費用は全て同社の負担となり、2019年3月期の業績見通しではおよそ400億円の損失だとし、通期業績予想の下方修正はこれで3回目となります。国土交通省でも当該の物件については「不適切」との指摘をしています。石井啓一・国土交通相は「極めて遺憾」と述べ、住宅建設をめぐる不正では異例の規模となりました。

発端は壁の施工不良

2018年4月、一部の木造2階建てアパートで天井の耐火性能に不備が見つかり、同社は建築確認の図面と実際の施工内容が異なっていたことを発表しました。その後の調査で、建築基準法に違反しているとされる物件が新たに1324棟あることが分かり、問題のある物件の所在地は全国33都道府県と大きく広がりました。
2月7日付けの日本経済新聞電子版では、以下のように報じています。
”レオパレス21の深山英世社長は7日、都内で記者会見し、アパート建設で施工不良が相次いだ原因について「作業効率を上げるのが一番の狙いだった。コスト削減が目的ではない」と述べた。同業他社との受注競争を勝ち抜くため、工事現場の作業負担を軽減して工期を短縮できるよう、法令で定められた仕様と異なる部材を使っていた。業績拡大を優先するあまり、品質に対する意識が欠如していた。“

購入者は何を信じればいいのか

レオパレス21ほどの業界大手が、コンプライアンス(法令遵守)とコーポレートガバナンス(企業統治)に対して意識の希薄さを露呈してwしまった今回の件を受けて、これから投資用不動産を購入する人が気を付けるべきことは、「お付き合いしていくパートナーをしっかりと見極めること」ではないでしょうか。一般的に「人生で最も高い買い物」と言われるのが不動産です。物件購入前、購入後に渡り、入居者とオーナー両方に対して真摯に向き合ってくれるかどうか、というのも不動産投資する上ではたいへん重要な点になります。みなさまもご自分が納得するまで調べたり、実際に目で見て確かめたりしてください。お悩みや不明点が出てきましたら、ぜひ弊社にお問い合せください。双方、しっかりと納得して末永いお付き合いをしていければと思います。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
和不動産 セミナー申込み


和不動産トピックス
【代表・仲宗根のピックアップセミナー】

■2月23日(土)13:30~16:30
『初心者も安心して出来る「ほったらかし」マンション経営のすすめ』

「不動産投資トピックス」でもご紹介致しましたが、現在問題となっているレオパレス21の物件は、すべてアパートで起こっていることです。一攫千金を求めて利回りが高いアパート経営を始められた方もいらっしゃることでしょう。ですが、忙しいビジネスマンにとっては、一棟全てを管理する必要があるアパート経営は負担が大きいものです。
そこで、和不動産では働きながらでも「ほったらかし」で資産を形成することができる「都心の築浅中古ワンルームマンション経営」をお勧めしています。当セミナーでは、ビジネスマンが安全に目標達成へと近づけるローリスク・ミドルリターンの不動産投資について代表の仲宗根自らが登壇し、皆様に解説致します。ぜひ、ご参加くださいませ。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
和不動産 セミナー申込み

あとがき


皆様、今回のスタッフブログはいかがでしたか?
「不動産投資トピックス」でもご紹介いたしましたが、レオパレス21の施工不良問題。「施工不良」「入居者転居」というだけの問題ではありません。レオパレス21は上場企業です。ということはステークホルダーには「株主」もいます。先週末には同社の株も売り注文が殺到し、価格は急落しました。株を保有していた方は、同社のビジネスを信頼して、ご自身の大切な資産で株を購入されたことでしょう。また、アパートのオーナー様にとっては、大切な資産を託してお願いしていたのに、資産だけでなく、ご自身の未来設計含め将来が不安になるでしょう。
今回の件は、弊社でも大切な皆さまの資産を殖やすお手伝いをさせて頂いておりますので身が引き締まる思いです。皆様の掲げられている目標に到達できますよう弊社が尽力致します。
また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

オーナー様の声 WEB面談 ウェビナー 変化に対応 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中 和不動産オーナー様限定イベント engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー