人口減少時代のアパート経営~入居者が住み続けたいと思う物件選びが重要~ 2019年4月3日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2019  >  04/03

スタッフブログ(2019/04/03)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2019/04/03 人口減少時代のアパート経営~入居者が住み続けたいと思う物件選びが重要~

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。

東京の桜も見事に満開になりましたね。平年(4月3日)より7日早く、昨年よりも3日遅い満開宣言となりました。みなさまは、お花見に行かれましたか? さて、週刊東洋経済にこんな統計が紹介されていました。
1都3県の空室率は2015年以降、悪化が続いていて、アパート系(木造、軽量鉄骨)の空室率は横浜市で48.4%、品川区で43.2%に達するという事です。
いわゆる棟もののオーナー様は昨年のスルガショックも足かせとなり、さらに厳しい状況のようです。
今号の不動産投資トピックスでは、『空室対策について』の話題を掘り下げてみたいと思います。

さて、今回のスタッフブログは、以下の内容でお届け致します!

◆不動産投資トピックス「人口減少時代のアパート経営~入居者が住み続けたいと思う物件選びが重要~」
◆和不動産トピックス「4/5(金)エリアセミナー開催!」

ぜひ、最後までご覧くださいませ!

トピックス

【人口減少時代のアパート経営】

~入居者が住み続けたいと思う物件選びが重要~

人口減少時代のアパート経営
「空室を減らす賃貸管理のコツ 周辺物件に負けない価値を!」と題した週刊東洋経済2019年3月23日号の記事をご紹介します。
2015年の相続税増税後、多くの賃貸住宅が建設され、東京、神奈川、千葉、埼玉でもアパートの空室率が上昇しましたが、この記事では、空室を減らすための対策を考えています。

>>「賃貸住宅は供給過剰状態にある。空室率はすでに高水準で、今後さらに悪化していくだろう」
こう分析するのは不動産調査会社タスの藤井和之・主任研究員です。タスは住宅情報提供会社に登録された空室募集戸数などをもとに賃貸住宅の空室率を独自算出していますが、アパート系(木造、軽量鉄骨)の空室率は横浜市で48.4%、品川区で43.2%に達し、1都3県の空室率は2015年以降、悪化が続いています。同年に実施された相続税増税への対策として、賃貸住宅の供給が増加しています。人口減少が本格化する今後は、空室率はますます上昇する心配があるのです。

>>では、今賃貸住宅を持っていて空室に悩んでいる人はどうしたらいいのでしょう?
「最初にやるべきことは、周辺の物件をチェックすることです。」とアドバイスするのは、一般財団法人日本不動産コミュニティーの浦田健代表理事です。今後人口が減少するとしても、人口が「ゼロ」になるわけではないので、家賃に見合う物件価値を提供すれば空室は埋められると主張します。
具体的には所有している物件と、間取りや立地など基本的条件が似ている物件がどんな設備を備えているか確認します。エアコン、インターネット接続、ケーブルテレビなどライバル物件よりも劣るものがあれば設備導入を検討します。
ただし費用は出来るだけ抑えます。さらに3大賃貸サイトに掲載し、募集チラシは手作りにします。

>>1番の空室対策は、住み続けてもらう事。
こういった対策は、あくまでも空室を埋めるためのものです。実は、1番の空室対策は、空室にならないよう、入居者にずっと住み続けてもらうことです。
「なぜ、入居者は出てゆくのか。どういうところに不満があるのかを調べるべきです。」
と強調するのは、不動産鑑定士で不動産投資コンサルタントでもある浅井佐知子氏です。
できれば、入居者とLINEなどで連絡先を交換し、直接連絡を取れるようにすることが有効です。物件の不具合や故障があれば不動産会社だけではなく大家の自分の家にもすぐに連絡が来る仕組みを作っておくことも重要でしょう。
どれもこれも小さな工夫ばかりです。こうした努力の積み重ねが人口減少時代の空室を防ぐのです。

NEXT>>空室リスクを恐れるなかれ。物件選びさえ間違えなければ、長期安定的に賃料は得られます。詳しくは、以下の和不動産トピックスにて。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
和不動産 セミナー申込み


和不動産トピックス
【入居者が住み続けたいと思う物件選びが重要】

不動産投資のノウハウは、知識以外にも体験もできるのです。スタッフブログでも最新情報をお届けしています。しかし体験はゲーム会にご参加いただくのが最も手っ取り早いのではないでしょうか。体験は多くするに越したことはありません。
ということで、近々行われる体験型セミナーをご紹介。不動産投資の経験がない方はもちろん、ある方も何度でもお越しいただけます。

■4月5日(金)19:00~ ★講師:弊社代表・仲宗根和徳★

『5極化する不動産投資市場~もはや2極化ではありません~』
エリア分析において一線を画している当セミナー。統計や原状、若者のトレンドなどから導きだした、今の入居者が本当に住みたいエリアを代表・仲宗根が自ら解説致します。

【このセミナーで学べること】
①不動産は2極化ではなく5極化!エリアごとの特徴
②都心のワンルームマンションにする理由は、入居者を社会人に絞っているから
③利回りや安さに捉われず、失敗しないことに重点を置いたエリア選び

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
和不動産 セミナー申込み

あとがき


皆様、今回のスタッフブログはいかがでしたか?

空室率が高止まりしている原因はさまざまあるようです。
不動産投資トピックスでも触れましたが、空室対策は、「当たり前のことにちょっと気を利かせることが重要だ」という事です。
当たり前のことと言うのは、“私ども不動産屋にとっては”という意味です。これを個人のオーナー様1人で、会社勤めをしながら管理もすることは1室所有でも、なかなか大変なことです。
やはりと言いますか、物件を選定する段階で「空室対策」と「ほったらかし管理」についてよく考えることが何よりも大事ですね。

また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー