新宿駅東口、容積率最大200%上乗せ 都の制度に指定 2019年6月12日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2019  >  06/12

スタッフブログ(2019/06/12)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2019/06/12 新宿駅東口、容積率最大200%上乗せ 都の制度に指定

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。

さて、今週のテレビや新聞などのメディアは老後の資金形成についての話題一色でしたが、「人生100年時代」に向け、長い老後を暮らせる蓄えについての皆さまの「資産寿命」はいかがでしょうか。
暮らしの中には突発的にかかる費用でシニア層になると「親の介護費」( https://nagomi-nenkintaisaku.com/?p=2708 ※参考弊社老後破産についてのメディアサイト)というのがあります。損害保険ジャパン日本興亜の調査によると、親や配偶者の介護にかかる初期費用の平均は98.1万円とのことです。こういうライフイベントの費用も最初から盛り込んで資産形成を考えたいものです。
本号は新宿の再開発を中心とした東京の再開発の情報を不動産経営トピックスで取り上げます。

さて、今回のスタッフブログは、以下の内容でお届け致します!

◆不動産投資トピックス「新宿駅東口、容積率最大200%上乗せ 都の制度に指定」
◆和不動産トピックス「『老後破産を防ぐ〈都心・中古マンション経営〉』セミナー開催のお知らせ」

ぜひ、最後までご覧くださいませ!

トピックス

【新宿駅東口、容積率最大200%上乗せ 都の制度に指定】

>>都の街区再編まちづくり制度で「駅周辺機能更新型」に初めて指定
東京都新宿区は5日、新宿駅東口で容積率を最大200%上乗せできる「高度利用型地区計画を適用できるようになった」と発表しました。
新宿区では、区内の従来の取り組み「街並み誘導型地区計画」に高度利用型地区計画を組み合わせ、街並み再生方針を策定しました。さらに今年4月12日に東京都から発表された「東京のしゃれた街並みづくり推進条例施行規則」の【主要な駅周辺の業務・商業地等において、老朽建築物の建替え又は敷地の統合等による機能更新を図るため、街並み再生地区の指定基準に「駅周辺機能更新型」を追加】という改正された制度で「駅周辺機能更新型」に初めて指定されたためです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
対象は新宿駅東口の約18.9ヘクタールで、この範囲で通りや街区ごとに合意して容積率を緩和する計画の適用を区に求めることができる。適用の要件として再開発ビル内に宿泊施設や文化施設、会議場などを設けたり、歩道の拡幅に協力したり、公共貢献を求める。

既に地元関係者から新宿通り沿道の再開発で計画適用を求める提案が出ており、8月の区の都市計画審議会で決定を予定している。区はさらなる提案も期待し、街並みを刷新していく。対象エリアの指定容積率は800~900%だった。
(出典:日本経済新聞電子版 2019/6/5 18:15)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

新宿駅東口は日本を代表する商業地で、建物の多くが更新期を迎えており建て替えを促して都市機能の新たな集積につなげたいとしています。

>>政府の国家戦略特区会議の都市再生プロジェクトにも新宿駅西口が提案
新宿では、そのほかに今年5月31日の政府の国家戦略特区会議で、東京圏の都市再生プロジェクトで東京都から、新宿駅の再編整備に合わせた、重層的な歩行者ネットワークの形成や、立地特性を活かしたビジネス創造発信施設の整備という内容で提案されました。
(※東京都が追加提案した都市再生プロジェクト関連記事 【マンション経営.東京】
https://mansionkeiei.tokyo/news/?p=1052&utm_source=email&utm_medium=email&utm_campaign=20190610
オリンピック後、新宿は再開発で西口も東口も熱い街になりそうです。
―――――――――
今週12日(水)19:00~、弊社代表・仲宗根による人気のエリア解説のセミナーが行われます。題して『再開発から逆算すれば購入エリアは決まる』。オリンピック前だけではない再開発は都内で多くあります。そういう情報も取り入れた最新の情報をお伝えします。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
和不動産 セミナー申込み


和不動産トピックス
【老後資金・人生100年時代の蓄えについての セミナー開催のお知らせ】

金融審議会が報告書としてまとめ3日に発表された「高齢社会における資産形成・管理」では老後までの時間がある「現役期」に少しずつ投資することを提言しています。それにちょうど適している不動産投資の中でも「都心・中古ワンルームマンション投資」になります。将来に不安のある方はもちろん、この機会にもう1度セミナーで将来の資産形成について確認してみませんか。

■6月22日(土)13:00~ ★講師:代表 仲宗根★
「老後破産を防ぐ『都心・中古ワンルームマンション経営』」
【このセミナーで学べること】

1.なぜ老後破産に陥るのか?防ぐにはいくらくらいのお金が必要?
2.リスクが少なく、資産価値も維持できる物件の条件
3.定年後に通算家賃1億円を得るための具体的なシミュレーション

ワンルームマンション投資成功の一つには、売却すべき物件と所有し続けるべき物件を見極めて、出口戦略(つまり、投資行為の終了計画)を立てることがあります。

講師に直接質問できるセミナーへ、ぜひご参加ください。

和不動産 セミナー申込はこちらからどうぞ!
和不動産 セミナー申込み

あとがき


皆様、今回のスタッフブログはいかがでしたか?

7日、東海、北陸、東北南部とともに関東甲信も梅雨入りしました。関東甲信はほぼ平年並みの梅雨入りですが、今年の梅雨の期間は平年より長くなる可能性があります。ジメジメはカビの原因となりますので、いつも以上に気をつかうとよいかもしれません。お花などを飾って部屋を明るくして梅雨を乗り切りましょう。

また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

オーナー様の声 WEB面談 ウェビナー マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中 和不動産オーナー様限定イベント engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー