「老後2000万円問題」、足りないお金は”資産運用”で備えようとする高齢者たち 2019年9月11日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2019  >  09/11

スタッフブログ(2019/09/11)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2019/09/11 「老後2000万円問題」、足りないお金は”資産運用”で備えようとする高齢者たち

和不動産スタッフブログ読者の皆さま、こんにちは!和不動産、ブログ担当です。

さて、来週月曜日の9月16日は敬老の日ですが、みずほ総合研究所によると、60歳以上の人が持つ金融資産は2035年に1643兆円と、14年比で48%増える見通しで、金融資産全体に対する7割を高齢者が持つことになるということだそうです。
体力も元気に長寿になっていることに加え、資産運用の世界でも高齢者が元気な実態が見えています。不動産投資は若い世代のほうがいいので、私たち現役世代も高齢者には負けていられませんね!

さて、今回のスタッフブログは、以下の内容でお届け致します!

不動産投資トピックス
「『老後2000万円問題』、足りないお金は”資産運用”で備えようとする高齢者たち」

和不動産トピックス
① 将来もらえる年金いくら?“ねんきん定期便”持参でQUOカードをプレゼント!(49歳までの方が対象です)
② 【9/14(土)13時~開催】老後破産を防ぐ「都心・中古ワンルームマンション経営」セミナー開催

ぜひ、最後までご覧くださいませ!

トピックス

「老後2000万円問題」、足りないお金は”資産運用”で備えようとする高齢者たち

>>年齢が高くなるにつれリスクを伴う運用をしている

超高齢化社会なっている日本は「人生100年時代」を迎え、世界にも先んじています。100年時代となると、60歳からのセカンドライフ人生はとても長いでしょう。さらに、現在は超低金利時代で、預金に金利がつきません。となると、バブル期と違い退職金を銀行に預けただけでは金利がつかないということになります。
そこで、高齢者がリスクを伴う運用で「足りないお金は運用で稼ごう」となっているというのが日本経済新聞8月27日朝刊に書かれていましたのでご紹介します。

>>金融資産(預貯金を含む)のうち、高齢者ほど“投資”に回す

高い年代ほど投資に積極的

(※日本経済新聞が日経リサーチの協力で実施したアンケート調査)
上記のグラフ以外でも、高齢者ほど投資に積極的なで“投資額”を聞いた設問の回答では、
20代は「10万円以上100万円未満」が58%と少額投資が多かったのに対し、

60代は「1千万円以上5千万円未満」26%、

70代は「1千万円以上5千万円未満」39%

にのぼった、ということになったそうです。

国の調査などでも発表されているように家計の金融資産は約1800兆円、世代別にみると60歳以上が占める比率は6割強にのぼります。
日本の場合、個人投資家の中で最も存在感が大きいのが「高齢層」になるそうです。さらに1人あたりの投資額も大きいということになります。

>>豊かな生活をしたい高齢者像が見える

普通にこのデータを読み解くと、生活のためにも金融資産リスクを減らして少しでも多くのお金をもっていたいと考えているだろう高齢者が、高額の投資へと駆り立てているのが、「老後破産」の到来の心配ではないでしょうか。

18年の日本人の平均寿命は男性約81歳、女性約87歳と過去最高を更新した。これはあくまで平均でもっと長生きする人も多い。三菱UFJ信託銀行の調査によると、退職後からまったく資産運用せずに90歳まで長生きした場合、介護が必要になると6割を超える世帯でお金が枯渇するという。

日本経済新聞で紹介されていたフィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長のコメントでは「運用の目的やゴールをしっかりと決めて、計画を立てたうえで、リスクを分散しながら運用すべきだ」
と話すとあるように、運用には目的、ゴールとリスク分散は考慮にいれるべきものでしょう。

>>毎月なんらかの収入があったほうが安心する日本人

日本の投信市場で中心的な位置を占めてきた分配金の支払いが毎月実施される「毎月分配型」の投信。中高齢者を中心に、「毎月給与のように入ってくる」というので人気の商品でしたが、元本を取り崩して分配金を払うケースも多かったために金融庁が長期の資産形成に向かない商品と指摘しています。
老後にお金が足りないならば「運用」、資産を作ろうというのは自然な流れです。しかし、世界をみても、金利が低下し低リスクで安定的にリターンを得られる金融資産が少なくなっているのが実際のところです。
そういうときは毎月家賃収入が入ってくる不動産投資も投資手法としては考えられます。時間を有効に生かした”長期”×安定した家賃収入で資産形成をしていくのはいかがでしょうか。

老後の資金についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください(老後破産対策お役立ちサイトhttps://nagomi-nenkintaisaku.com/ )

和不動産 セミナー申込み

不動産トピックス

①【ポイントは「塗る・貼る・磨く」!原状回復で変わる不動産投資】

購入してからが不動産投資の始まり「原状回復の基礎」とは?

不動産投資で肝心なのは、きちんと家賃収入が入ってくることです。ですが、空室になってしまうとその間は家賃収入を得ることができません。空室期間を短くするコツは、退去後に発生する「原状回復」です。当セミナーでは、販売から賃貸管理、原状回復・リフォームまでワンストップで行う弊社ならではの次世代原状回復術について、専門のスタッフが直接皆様に解説を致します。

9月20日 (金) 19:00~ ※講師:賃貸管理部※

「ポイントは『塗る・貼る・磨く」!原状回復で変わる不動産投資」セミナー


②【将来もらえる年金いくら?“ねんきん定期便”持参でQUOカードをゲット!】

“老後2000万円不足問題“について連日のようにニュースになっておりますが、「自分はいったいいくら年金がもらえるのだろう?」と気になったことはありませんか?

セミナー日程のページでもお伝え致しておりますが、この度オリジナルコンサルティングシステム“N-RICOS”の新機能として、「将来受け取れる年金がかんたんに試算できるツール」を開発致しました!

本ツールをご利用の際必要なのが、皆様のお手元へ定期的に届けられているねんきん定期便です。そしてこの新ツールのリリースに伴い、現在弊社ではキャンペーンを開催しております!

【年金を試算してQUOカードゲット!キャンペーン】

■内容:「ねんきん定期便」をご持参頂き、個別相談または個別相談+セミナーご参加でQUOカードをプレゼント(先着50名様限定)

①【セミナー+個別相談へご参加】:QUOカード2,000円分

②【個別相談のみご参加】:QUOカード1,000円分

■開催期間2019年9月末まで

あてにならない年金ですが、自分がもらえる額を試算すれば、実際に老後はいくら必要なのか?を算出でき、資産運用において具体的な目標を決めるのに役立てることができます。

本キャンペーンへご参加希望の方は、お気軽にお問合せくださいませ!

和不動産 セミナー申込み

あとがき

あとがき


皆様、今回のスタッフブログはいかがでしたか?

不動産投資トピックスで記載した中に、「世界も低金利」ということを記載しました。では世界的な投資ファンドは何に注目しているか、それはなんと東京の不動産なのです。というのも直近4半期で世界における不動産投資の取引額No.1は日本の首都『東京』です!
彼らが東京に熱い視線を注ぐ理由を詳細に解説するセミナーも9月30日(月)10月30日(水)に行いますのでぜひお聞きくだされば光栄です。

また次回のスタッフブログでお会いしましょう!
さよなら。さよなら。

オーナー様の声 WEB面談 ウェビナー 変化に対応 老後2000万円問題を解決 オリジナルコンサルシステム 和不動産youtube公式チャンネル 老後破産を防ぐ 相続税対策 相続税・生前贈与対策は和不動産で メルマガ配信中 和不動産オーナー様限定イベント engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー