投資にお得な情報をお友だちに限定配信!和不動産LINE公式アカウントを開設 2020年7月21日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2020  >  07/21

スタッフブログ(2020/07/21)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2020/07/21 投資にお得な情報をお友だちに限定配信!和不動産LINE公式アカウントを開設

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!「アフターフォローNo.1宣言」の和不動産、ブログ担当です。
この度、弊社では、オーナー様をはじめみなさまとよりよいコミュニケーションをするために、LINE公式アカウントを開設しました。
詳細はこちら⇒https://nagomi-fudousan.com/fudousantoushi/topics/2020_07_20.html
それでは、今回のスタッフブログの目次です。

不動産投資トピックス
ギリギリ老後の現実を放っておくと後悔する理由

トピックス

ギリギリ老後の現実を放っておくと後悔する理由

不動産投資を検討している、または既に始めている方の投資をする目的は様々だと思います。今回は「年金対策」という観点から、あるデータをご紹介致します。2018年に総務省統計局から発表されたデータをもとに、老後に不足する金額を試算したものです。

■高齢夫婦世帯の毎月の収支(現状)

高齢夫婦世帯の毎月の収支(現状)

(※夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯、2018年家計調査から)
これによると、老後に毎月必要な金額は4.2万円という結果となっています。この数字をもとに、退職後の生活を30年とした場合、不足額の合計はなんと、1512万円でした。
①総務省統計局の2018年家計調査
毎月の不足額4.2万円✕12ヶ月分✕30年で試算=1512万円
ここからさらに、昨年金融庁から発表され話題となった「老後2000万円不足」の場合と、「よりゆとりある生活」をした場合の不足額がこちらです。
②政府の「2000万円問題」
毎月の不足額5.5万円✕12ヶ月分✕30年で試算=1980万円
③「よりゆとりある生活」は
毎月の不足額14万円✕12ヶ月分✕30年で試算=5040万円
※③毎月の不足額は生命保険文化センターより

迫りくる老後生活で、資金不足の不安から身を守るために

ほとんどの人が、できればお金の不安でストレスが多い老後より、豊かな老後を過ごしたいと思っているのではないでしょうか。今回、コロナショックで分かったとおり、今後の社会保障において、国や行政をあてにすることはほとんど博打のようなものです。
日本人は貯金が大好きだと言われていますが、何もしない方がリスクとなる時代に突入しようとしています。
早いうちから、何もしない事で生じるかもしれない格差を埋める行動を起こす必要があるのではないでしょうか。後悔しないためにも、まずはセミナーで、自分がどの位置に置かれているのか、確認するところから始めてみませんか?

あとがき

あとがき


皆様、今日のスタッフブログはいかがでしたか?
この週末はコロナがなければ本来ならオリンピックが始まる、そんな週でした。しかし、このコロナでオリンピックが延期になり、4連休だけが残りました。
東京ではコロナの第2波、また九州では豪雨に見舞われ、甚大な被害も出ているなど、旅行などは控える人も多いのではないでしょうか。
こういうときだからこそ資産運用の勉強をしてみてはいかがでしょうか。
初心者はもちろん、オーナー様にでも楽しんで勉強していただけるゲーム会を和不動産では開催します。

和不動産がゲーム会をしている理由はこちらからご覧ください。
https://prtimes.jp/story/detail/ZrXPoOs04rE

今後も和不動産は一人でも多くの方に投資パフォーマンスをあげていただくためにあらゆる角度からサポートしていきます。次回のスタッフブログも、ぜひご覧ください!

さよなら、さよなら。

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー