年収1000万円でも火の車 10%が無貯蓄 2020年7月29日(和不動産スタッフブログ) 不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  スタッフブログ  >  2020  >  07/29

スタッフブログ(2020/07/29)

和不動産スタッフブログ

不動産投資セミナーの和不動産による日々の活動・イベント開催レポと
中古ワンルームマンション経営のお役立ち情報をお届けします!

2020/07/29 年収1000万円でも火の車 10%が無貯蓄

 和不動産スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!「アフターフォローNo.1宣言」の和不動産、ブログ担当です。
ただいま期間限定で大変お得なキャンペーンを開催中です!


【ご成約キャンペーン】
内容:キャンペーン期間中に物件の決済を完了した方に、20万円分の商品券をプレゼント!
期間:2020年7月22日(水)~2020年8月31日(月)
上記期間までに、物件のお引渡しが完了した方が対象となります。
※他キャンペーンとの併用はできません
※物件価格20万円お値引きに振替えも可能

本キャンペーンへのご応募を希望される方は、まずは個別相談にてお話をお伺いさせて頂きます。
▼成約キャンペーンのご応募はコチラからどうぞ!
https://pro.form-mailer.jp/fms/cf384cf9184394

ご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください!
■キャンペーンに関するお問い合わせ先
電話:0120-003-753(定休日無し/10:00~19:00)
メール:apply@nagomi-fudousan.com

それでは、今回のスタッフブログの目次です。

不動産投資トピックス
年収1000万円でも火の車 10%が無貯蓄
トピックス

年収1000万円でも火の車 10%が無貯蓄

2014年に総務省が実施した「全国消費実態調査」によると、年収1000~1250万円の世帯はなんと、毎月の収支が3万8927円の赤字です。また、金融広報中央委員会の調査では、年収1000~1200万円未満の世帯のうち、およそ10.3%が金融資産を保有していない事が分かりました。
理由としては、年収が上がる毎に生活水準も上がってしまい、家計に余裕のない世帯が多いのだと言います。中でも家計を圧迫しているのは、月の支出の半分以上を占める「住宅」「車」「子どもの教育」といった固定費です。
実は、年収1000万円世帯というのは「老後破産」に陥りやすいのです。例えば、妻と夫と子ども2人を扶養している年収1000万円のサラリーマンは、手取りで月に約64万円の収入があるとします。現役時代に上がった生活水準のまま定年を迎えると、月の収入は約20万円前後の年金だけとなり、預金を取り崩しての生活をすることになります。しかし、一度上がった生活水準を落とすことはなかなか難しく、現役時代の収入と年金のギャップを埋めるために預金を取り崩し続けていれば、いずれ破綻するでしょう。
生活水準を下げられないなら、老後の収入を増やすしかありません。年収の高い世帯こそ、老後資金の確保について真剣に考える必要がありそうです。
和不動産では、物件だけではなく、ゴールから逆算したマンション投資のプランもご提案しております。弊社がオリジナルで開発した、マンション投資コンサルティングシステム「N-RICOS」では、ご自身の年収や年齢、生活環境に近いオーナー様の成功している運用テクニックをそのまま見ることができます。
これからマンション投資をしようと検討している方は目標設定の参考に、また、既にマンション投資をしていて運用が上手く行っていないとお悩みの方は、本システムを利用して、目標達成に向けたプランへと軌道修正することができます。まずは一度、ご相談ください!

▼個別相談は、対面とWEBの両方からお選び頂けます!
nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

いきなり個別相談に申し込みをするのは不安だという方は、セミナーにご参加ください。毎週金・土・日と祝日に、マニアックなテーマで不動産投資のノウハウや最新情報を解説しております。こちらも、会場開催とWEB開催がございます。お気軽にご参加くださいませ!

和不動産 セミナー申込み

あとがき

あとがき


皆様、今日のスタッフブログはいかがでしたか?
先日、金の小売価格が、初の1グラム7000円台に突入したとのニュースが発表されました。消費税抜きだと1グラム6365円で、これは消費税導入前の1980年1月以来、約40年ぶりの水準とのことです。
また他にも、国際指標のニューヨーク金先物では、銀やプラチナ、パラジウムなど金以外の貴金属も全般に急騰しています。各国の強力な経済対策や緩和が続くことを期待した投資家が、貴金属市場への投機マネーを流入させていることも理由のひとつですが、コロナショックを受けて安全資産としての需要が高まっているという背景もあります。
日本だけでなく世界的に、労働収入以外の安全資産を手元に残して置きたいという動きが活発になっているのでしょう。今回のトピックスでは、老後の資金不足について触れましたが、コロナショックのように、突然の有事にどう備えるか、という点についても、真剣に考える必要がありそうです。
それでは、今回のスタッフブログはここまで。次回も、ぜひご覧ください!
さよなら、さよなら。

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー