頭金はいくら必要【山本俊成 第22回】不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  FPコラム  >  山本俊成 第22回

FPコラム

FPコラム

ファイナンシャルプランナーによる金融商品に関するコラムです。

【山本俊成 第22回】頭金はいくら必要

「住宅購入の際、頭金はいくら用意すればいいでしょうか」というご相談はよくあるご相談の1つです。住宅ローンについての本などでは「頭金は2割用意すべし」とか「頭金は3割が理想」といったように、2割~3割は頭金として用意しよう、という解説が多いです。 

もちろん頭金は多ければ多いほど、毎月の住宅ローン返済は楽になります。例えば、3,000万円の住宅を購入する場合を考えると、頭金の大小によって下表のように返済額に差が出ます(住宅ローンは金利3%で、35年返済、元利均等返済の場合)。 

<3,000万円の住宅を買う場合の毎月返済額>
(金利3%、35年返済、元利均等返済と仮定) 頭金

頭金なしの場合と2割用意する場合では、毎月返済額で2万円以上、総返済額で1,000万円弱差が出ることがわかります。このように、頭金をたくさん用意できれば、ローンの返済は楽になります。 

★☆★☆★☆★☆★☆≪頭金次第で優遇も≫★☆★☆★☆★☆★☆

また、頭金が2割以上あると、住宅ローンの適用金利が優遇される場合も多いです(例えば、頭金が2割以上あると金利が0.2%優遇される場合が多い)。以上を考えると、これから住宅購入のためのお金を貯めていく人であれば、頭金2割というのは1つの目安になるでしょう。 

現在住宅購入の具体的行動に入っている人の場合は、無理して頭金の割合にこだわる必要はないと思います。今後のライフプランと家計シミュレーションがしっかりしていれば、頭金が2割未満であっても問題はない、と考えています。頭金を貯めている間に金利があがってしまっては元も子もありません。ライフプラン設計を行い、キャッシュフロー表で将来家計シミュレーションをし、自分が「返せる金額」を把握した上で予算を組めるのであれば、頭金はたとえゼロであってもその資金計画は間違っていない、と言えます。逆に頭金がたくさんあっても、将来の家計シミュレーション(キャッシュフロー表)が破綻している場合、その資金計画は正しくない、と言えるのです。
。逆に頭金がたくさんあっても、将来の家計シミュレーション(キャッシュフロー表)が破綻している場合、その資金計画は正しくない、と言えるのです。

オリジナルコンサルシステム 不動産投資 初心者におくる46のメッセージ 相続税対策 マイベストジョブ 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ オーナー様の声 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載 資料請求受付中 メルマガ配信中

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
5月22日(水)19時30分~  不動産投資セミナー
失敗の原因は購入後の追加費用です

5月24日(金)19時30分~  不動産投資セミナー
年間家賃収入500万円を確保する方法

5月25日(土)13時30分~  相続税対策セミナー
相続税対策 暦年贈与×不動産

5月26日(日)13時30分~  不動産投資セミナー
通算家賃収入1億円を得る方法とは

5月27日(月)19時30分~  不動産投資セミナー
不動産投資 都心VS地方で比べてみました

5月29日(水)19時~  不動産投資セミナー
最速で入居者を探す方法とは

5月31日(金)19時30分~  不動産投資セミナー
良い物件・悪い物件の見極め方教えます

6月1日(土)13時~  不動産投資セミナー
年収500万円を確保する不動産投資の方程式

6月2日(日)13時30分~  体験型
キャッシュフローdeリッチ

6月5日(水)19時~  不動産投資セミナー
失敗の原因は??のせいです

不動産投資セミナー情報へ

株式会社和不動産
メニュー