団体信用生命保険(団信)とは?【山本俊成 第25回】不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  FPコラム  >  山本俊成 第25回

FPコラム

FPコラム

ファイナンシャルプランナーによる金融商品に関するコラムです。

【山本俊成 第25回】団体信用生命保険(団信)とは?

★☆★☆★☆★☆★☆≪団体信用生命保険(団信)とは≫★☆★☆★☆★☆★☆

住宅ローンは大きな借金です。もし返済者(一般的には夫)が万一死亡してしまい、残された家族(妻、子)が住宅ローンの返済を行わなければならないとしたら大変です。そこで考えられたのが団体信用生命保険(「団信」)という仕組み。

団体信用生命保険(「団信」)は、住宅ローンを返済する人が返済途中で死亡した場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローンの残債を支払うというものです。

金融機関の多くは、団信の加入を住宅ローン融資の条件としています。逆に言えば、住宅ローンを組みたい人が、健康状態が悪くて団信に加入できない場合、住宅ローンも借りることができなくなります。

そして団信の保険料は住宅ローンの金利に含まれているのが一般的です(保険料を別に支払う必要がないということです)。また年齢による保険料の違いがないというのも特徴です。

2013

なお、フラット35のように団信へ加入しなくてもよい住宅ローンもあります。もちろん万一の時を考えると、全く生命保険がない状態で住宅ローンを組むのはリスクが大きく、実際には多くの人は団信へ加入します。フラット35の場合、住宅ローン金利に団信の保険料分は含まれておらず、1年に1回、1年分の保険料をまとめて支払います。1年に1度まとまった金額を支払わなければならないことを負担に感じる人もいます。

先に、団信の保険料は年齢による違いがないと書きましたが、これは若い人にとって見れば保険料は割高である、ということを意味します。フラット35で住宅ローンを組む若い人の場合、団信には加入せず、一般の生命保険に入る方が保険料は安くなる場合もあります。もちろん、デメリットもありますので選択は保険料の損得だけでなく、様々な観点から考えねばなりません。この辺りは次回のコラムで取り上げる予定です。

★☆★☆★☆★☆★☆≪最近の団信≫★☆★☆★☆★☆★☆

最近は、通常の団信の保障に加えて、三大疾病保障付き、七大疾病保障付きなど、生活習慣病で就業できなくなった場合の保障も付いている団信が多くなってきました。その分金利は高くなりますが、不安な人は検討に値するかと思います。

オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 不動産投資 初心者におくる46のメッセージ 相続税対策 マドリームに紹介されました マイベストジョブ 信頼できる不動産投資特集 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
10月22日(月)19時30分~  第688回 不動産投資セミナー
初心者がまず知りたいマンション経営5つの疑問

10月24日(水)19時30分~  第689回 不動産投資セミナー
金持ち父さんから学ぶ!良い借金と悪い借金

10月26日(金)19時~  第690回 不動産投資セミナー
60歳で完済するために売却する物件と所有し続けるを分ける

10月27日(土)13時30分~  第691回 不動産投資セミナー
さまざまな地図を重ねれば購入エリアは限られる

10月29日(月)19時30分~  第5回 ゲーム会
深掘りしたい情報を指定して聞ける参加型セミナーカルタ付き

10月31日(水)19時~  第692回 不動産投資セミナー
最速で入居者を獲得する方法とは

11月2日(金)19時~  第693回 不動産投資セミナー
売れないとマンション投資はやめられません

11月3日(土・祝)13時30分~  第694回 不動産投資セミナー
老後破産を防ぐ都心・中古1Rマンション経営

11月5日(月)19時30分~  第695回 不動産投資セミナー
対応できなきゃ空室に…社会人の賃貸需要に変化が起きている

11月7日(水)19時30分~  第6回 ゲーム会
深掘りしたい情報を指定して聞ける参加型セミナーカルタ付き

不動産投資セミナー情報へ

株式会社和不動産
メニュー