低炭素住宅とは【山本俊成 第38回】不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  FPコラム  >  山本俊成 第38回

FPコラム

FPコラム

ファイナンシャルプランナーによる金融商品に関するコラムです。

【山本俊成 第38回】低炭素住宅とは

◆低炭素住宅とは◆【山本俊成 第38回】

前回は、長期優良住宅の投資型減税についてまとめました。長期優良住宅を現金で購入した場合に所得税の減税があるというものでしたが、消費税が8%になる2014年4月以降は、低炭素住宅の購入に関しても同様に減税対象となります。今回は「低炭素住宅」について解説します。

 SF019_L

低炭素住宅とは、その名の通り、炭素の排出が低い住宅のこと。つまり、自宅のエネルギー消費量を抑えている住宅のことです。東日本大震災後のエネルギー事情等も考慮し、エネルギーを使わないような住宅を普及させようという意図があります。

低炭素住宅の認定を受けるためには、省エネ基準で定められている一次エネルギー(発電に使う石油やガスなどのこと)の消費量を、省エネ基準よりも10%以上削減することが必要です。さらにHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)が導入されていることや、ヒートアイランド対策等が取られていることなどが条件になります(詳細は下表)。

【低炭素住宅の認定を受けるためには、次のうち2つ以上の措置を講じる必要があります】

HEMS(またはBEMS)を採用

2

節水に役立つ設備機器(節水型トイレなど)の採用

3

雨水、井戸水、排水を利用する設備(雨水を貯水するタンクなど)の設置

4

太陽光発電等の設置

5

ヒートアイランド対策(屋上、壁面の緑化など)

6

住宅の劣化を軽減する措置の採用(劣化等級3)

7

木造住宅

8

高炉セメント(耐久性に優れたセメント)の利用

低炭素住宅を建てたり、購入したりする場合の優遇措置としては、前回のコラムでまとめた投資型減税(現金で購入した場合の所得税の減税)の他に、住宅ローン減税の控除額が20万円上乗せ(こちらも長期優良住宅と同等の減税)、登録免許税の優遇があります。また「フラット35S」の金利Aプランも適用され、金利が10年間、0.3%優遇されます。

 ☆★☆≪低炭素住宅のメリットとは??≫★☆★

低炭素住宅と長期優良住宅とを比べると、一般的には建築コストは長期優良住宅の方が高くなります。長期優良住宅は省エネ基準だけでなく、耐震性や劣化対策といった基準も満たさねばならないからです。長期優良住宅よりは安い価格で、長期優良住宅と同等の優遇を受けられるというのは、低炭素住宅のメリットになるでしょう。

キャプチャ88


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 マドリームに紹介されました マイベストジョブ 信頼できる不動産投資特集 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
5月25日(金) 19時~  第604回 不動産投資セミナー
最速で入居者を獲得する方法とは

5月27日(日) 13時30分~  第606回 不動産投資セミナー
中古1Rを選ぶ理由は家賃下落が少ないから

5月28日(月) 19時~  第607回 不動産投資セミナー
黄金5法則と7つの極意を不動産投資に活かそう

5月30日(水) 19時~  第608回 不動産投資セミナー
お金が貯まっちゃうのは、都心のマンション投資です

6月1日(金) 19時~  第609回 不動産投資セミナー
マンション経営は、スケールメリットを出そう

不動産投資セミナー情報へ

株式会社和不動産
メニュー