不動産価格の考え方【山本俊成 第53回】不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  FPコラム  >  山本俊成 第53回

FPコラム

FPコラム

ファイナンシャルプランナーによる金融商品に関するコラムです。

【山本俊成 第53回】不動産価格の考え方

不動産価格の考え方について

今回は、不動産の価格を考える上で知っておきたい基本的なことについて触れていくことにします。


不動産、特に土地については、公的な価格だけでも次の4種類があります。

①公示地価
②基準地価
③相続税路線価
④固定資産税評価額

一般の土地取引で指標とされるの価格を100とすると、は80、は70になるよう調整されています。


は土地取引において一つの判断材料とはなりますが、必ずしも「実際に売買される価格(時価)」にならないこともあります。以下の表のとおり、「価格の基準日に向けて調査した時期」と「発表時期」との間にタイムラグがあるというのが一因です。そのタイムラグの間に価格が変動することもあり得るということです。

<公的な土地価格の概要>

名称

決定機関

価格の

基準日

発表

時期

特徴(評価の目的など)

公示価格

国土交通省

土地鑑定委員会

毎年

1月1日

3月下旬頃 一般の土地取引の指標

基準地価

(基準地標準価格)

都道府県知事

毎年

7月1日

9月下旬頃 公示価格の補完。

相続税

路線価

国税庁

毎年

1月1日

7月下旬頃 相続税、贈与税等の算出の基礎。公示価格の80%程度の水準

固定資産税評価額

市区町村長

東京23区は

東京都

原則、基準年度(3年ごと)の前年の1月1日 3月1日基準年度は4月1日 固定資産税、不動産取得税、登録免許税等の算出の基礎。公示価格の70%程度の水準

なお、は国土交通省「土地総合情報ライブラリー」で、は国税庁ホームページで確認できます。


また、不動産の広告に記載されている価格も売主が希望する価格であり、厳密な意味では時価ではありません。このようなことが、不動産の価格がわかりにくいと言われる所以です。

ただ、不動産価格の目安を知るためには、上記のような点は押さえておいたほうがよいでしょう。

オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 マドリームに紹介されました マイベストジョブ 信頼できる不動産投資特集 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
2月21日(水) 13時30分~  第535回 相続税対策セミナー
不動産を負動産にしない相続税対策!

2月21日(水) 19時~  第536回 不動産投資セミナー
収益物件購入後の追加費用には、ご用心!

2月23日(金) 13時30分~  第537回 相続税対策セミナー
相続税対策は 生前贈与×都心・築浅中古ワンルームマンション で

2月23日(金) 19時~  第538回 不動産投資セミナー
金持ち父さんから学ぶ”良い借金”と”悪い借金”

2月24日(土) 13時30分~  第539回 不動産投資セミナー
「金持ちオーナー」と「貧乏オーナー」を徹底比較
不動産投資セミナー情報へ

株式会社和不動産
メニュー