投資信託の種類【山本俊成 第73回】不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資 和不動産 トップページ  >  不動産投資  >  FPコラム  >  山本俊成 第73回

FPコラム

FPコラム

ファイナンシャルプランナーによる金融商品に関するコラムです。

【山本俊成 第73回】投資信託の種類

◆投資信託の種類◆

資産運用を行う際に、投資信託を活用する方は多いです。
以前のコラムでも書きましたが、投資信託というのは、投資家から集めたお金をひとつにまとめ運用の専門家が株式や債券などに投資し、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組み、のことです。

投資信託と一口に言っても色々な種類があります。
ここでは投資信託の分類方法をいくつかご紹介します。

■    株式投信と公社債投信

まず、投資信託の投資対象が何になるかで分ける方法です。
株式に投資するものを「株式投資信託」、公社債のみに投資するものを「公社債投資信託」と分類しています。
厳密には株式を一切組み入れていないものを「公社債投資信託」とし、ほんの少しでも株式に投資しているもの(投資する可能性のあるもの)は「株式投資信託」に分類されます。この違いは、私たちが投資を行う上ではそれほど重要なポイントには思えないのですが、FP資格や証券外務員の試験などには、頻繁に出題される論点だったりします。
たとえば「株式の組み入れ比率が3%以内であり、公社債を中心に運用しているものは公社債投資信託に分類される。○か×か」というような問題が出ます。答えは×です(株式を一切組み入れていないものが「公社債投資信託」)。

■バリュー運用とグロース運用

運用手法で投資信託を分類する場合もあります。 ここでは主に株式投信で用いられるバリュー運用とグロース運用について説明します。
「バリュー運用」型の投資信託は、株価が「割安」になっている銘柄に注目する運用方法です。その企業の利益や持っている資産から判断すると、もっと価値(バリュー)は高くてよいはず、という銘柄を探して投資をします。

img「グロース運用」型の投資信託は、企業の「成長性(グロース)」に注目する運用手法です。
今後、業績が大きく伸びていくことが期待できる企業に投資します。

「××成長株ファンド」など「成長」という言葉が入っていたらグロース運用のことが多いです。
「××バリュー株ファンド」のようにバリュー運用の場合は「バリュー」という言葉がそのまま入っていることが多いでしょうか。
また「高配当銘柄に投資する」投資信託もバリュー運用の一種です。グロース運用かバリュー運用かはファンドの名前で判断できる場合が多いですが、それだけでなく目論見書などで確認することもできます。


オリジナルコンサルシステム セミナー開催中 相続税対策 マドリームに紹介されました 信頼できる不動産投資特集 メディア掲載実績 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ フォーチュンマップ体験会 個別相談はこちら オーナー様の声 オーナー様限定イベント DVD 不動産投資アニメ 弊社代表1冊目著書 弊社代表2冊目著書 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載BIGtomorrow 資料請求受付中 メルマガ配信中 和不動産アクセス

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

近々開催のセミナーをご紹介!只今、申込み受付中!
2月21日(水) 13時30分~  第535回 相続税対策セミナー
不動産を負動産にしない相続税対策!

2月21日(水) 19時~  第536回 不動産投資セミナー
収益物件購入後の追加費用には、ご用心!

2月23日(金) 13時30分~  第537回 相続税対策セミナー
相続税対策は 生前贈与×都心・築浅中古ワンルームマンション で

2月23日(金) 19時~  第538回 不動産投資セミナー
金持ち父さんから学ぶ”良い借金”と”悪い借金”

2月24日(土) 13時30分~  第539回 不動産投資セミナー
「金持ちオーナー」と「貧乏オーナー」を徹底比較
不動産投資セミナー情報へ

株式会社和不動産
メニュー