【質問45】物件が古くなってくると、家賃が下落していくのではないかと不安です。 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資Q&A(45)

不動産投資Q&A

【質問45】物件が古くなってくると、家賃が下落していくのではないかと不安です。

【答え】

家賃が下がってしまうと、期待している収益が得られなくなるので不安ですよね。
実は、家賃が下がるのは「古くなったから」ではありません。
それは、周辺の「競合物件との競争に負けた」から家賃が下がってしまうのです。

例えば、とても便利の良い駅から5分以内に賃貸で借りられる物件が一つだけだったとしましょう。
そのエリアに住みたいと思った時に選べる物件が一つであれば、入居者は自然と集まることでしょう。

しかし、もっと駅に近い場所に新しい物件ができたらどうなるでしょうか。
おそらく、入居者の第一希望はより条件の良い物件になることしょう。すると、条件の悪い方のオーナーは家賃を下げることによってセールスポイントを増やして対抗します。
そしてまた、次の新しい物件が建つと同じことが繰り返されてゆきます。
これが、家賃が下がってゆくメカニズムです。
この点を理解し、継続的に「家賃が下げる」以外のセールスポイントを付加してゆくことで家賃の下落を抑えてゆきましょう。




いかがでしょうか「築年数が経つと、家賃は下落するか」についての疑問は解決いたしましたか?

和不動産では「築年数が経つと、家賃は下落するか」等もセミナーで分かりやすく説明しています。さらには、購入後の運用で収益を向上させる「マンション育成方法」などもご紹介中です。
セミナーでは質疑応答のコーナーもありますので、不明点や疑問点を解決することができます。是非お気軽に足を運んでください。

日程が合うものや、ご興味があるセミナーにお越しください。
不動産投資の理解が深まります!

不動産投資セミナー


>>  よくある質問一覧に戻る  <<

詳しくお聞きになりたい方、ご相談は個別相談でも随時受け付けております。 不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 間違った相続税対策が争族と後悔を生む! コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 資産管理会社の活用法 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー