【質問55】中古一棟物件のよくあるリスクは何ですか? 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産

不動産投資Q&A(55)

不動産投資Q&A

中古一棟物件のよくあるリスクは何ですか?

A. 大きな物件では、うまくいっていればそれを補うリターンがもたらされますが、逆にうまくいかなければその分大きいリスクを背負うことになります。

中古一棟物件は、建物のメンテナンス費用も自分で支払う必要があります。
もちろん、オーナーに不動産業者並みの知識とノウハウがあれば、数々の問題に対処できますし、業者を通さなければコストカットもできるでしょう。ただ、これを実行できる人はほんの一握りではないでしょうか。

1億円を超えるような物件の市場には、不動産投資に慣れたセミプロのような人が多数参入しています。そういった人が手放す物件というのは、購入後に修繕が必要であることがほとんどなのです。
なぜなら、売り主は修繕費用を払いたくないから売却するのです。
ですから、購入後に修繕費がかかる見通しを持って購入しなければなりません。
一般的に売り主が儲かるということは、買主は損するということです。逆に、うまく運用している買主は、売主から物件を安く購入しています。こういう大きい取引に素人が参入していくと、あまりいい思いができません。




いかがでしょうか「中古一棟物件のよくあるリスク」についての疑問は解決いたしましたか?

和不動産では「中古一棟物件のよくあるリスク」等もセミナーで分かりやすく説明しています。さらには、購入後の運用で収益を向上させる「マンション育成方法」などもご紹介中です。
セミナーでは質疑応答のコーナーもありますので、不明点や疑問点を解決することができます。是非お気軽に足を運んでください。

日程が合うものや、ご興味があるセミナーにお越しください。
不動産投資の理解が深まります!

不動産投資セミナー


>>  よくある質問一覧に戻る  <<


詳しくお聞きになりたい方、ご相談は個別相談でも随時受け付けております。 不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー