【質問59】新築のワンルームマンションを購入して4~5年経ち、家賃が下落して収支がマイナスになってしまったのですがどうしたらよいでしょうか 不動産投資をされる方がよく質問されるFAQをまとめました。不動産投資のことならアフターフォローも充実の【和不動産】へ

不動産投資の和不動産
Tel:0120-003-753受付:10:00~19:00

不動産投資Q&A(59)

不動産投資Q&A

新築のワンルームマンションを購入して4~5年経ち、家賃が下落して収支がマイナスになってしまったのですがどうしたらよいでしょうか

A. 仮に家賃が1万円下がった場合、トントンだった収支がマイナス1万円になってしまうのですが、その時に疑問を持つ方が多くなって相談にいらっしゃいます。

もし、新築のワンルームマンションを3戸持っている方であれば、毎月マイナス3万円、もしくはそれ以上のマイナスという状況に数年後は陥る可能性もあるということです。
一般的にワンルームマンションは、年間1%ずつ賃料が下落していくと言われています。
築3年~築10年までは年下落率は約2.2%ですので、この時点で購入していれば家賃の下落は数%以内に抑えられます。
築年数が10年~20年になると年下落率が約0.9%となり、20年以降は年下落率が約0.7%と家賃の下落が落ち着いていきます。
新築ワンルームマンションを購入すると、築年数が増えるに従って家賃の下落幅が大きくなって収益が悪化するのです。ですから、家賃が2割下がった状態でも、収支が回るような運用が必要なのです。
新築ワンルームマンションは、相続税対策や高額納税者が節税のメリットを受けること以外にメリットは少なく、一般のサラリーマンがメリットを受けるには2割ほど家賃が下がってもメリットある運用ができるようにしなければなりません。
やはり新築の状態が一番キレイなので、魅力的に感じるのは理解できますが、そこに自分が住むわけではないので収支ありきで考える必要があります。

新築で購入しても入居者が一度入れ替われば中古物件になります。
新築の場合は相場より高い賃料を計算できますが、それ以降は中古の家賃相場に合わせないと入居者を確保することは容易ではありません。賃料を下げずに募集することもできますが、入居者が決まらなければ確実に利回りは低下してしまいます。
その点を安易に考えて後悔されている方が多数いるのが現状です。「家賃の下落というリスクにどう対処するのか?」を購入前に考えておかないと後悔することになりかねません。



いかがでしょうか「購入から年数が経ち、収支がマイナスになった場合の対応」についての疑問は解決いたしましたか?

和不動産では「購入から年数が経ち、収支がマイナスになった場合の対応」等もセミナーで分かりやすく説明しています。さらには、購入後の運用で収益を向上させる「マンション育成方法」などもご紹介中です。
セミナーでは質疑応答のコーナーもありますので、不明点や疑問点を解決することができます。是非お気軽に足を運んでください。
近日中に開催予定の不動産投資セミナーはこちらです。



日程が合うものや、ご興味があるセミナーにお越しください。
不動産投資の理解が深まります!

不動産投資セミナー


>>  よくある質問一覧に戻る  <<



詳しくお聞きになりたい方、ご相談は個別相談でも随時受け付けております。 不動産投資のプロ 和不動産にお任せください。

不動産投資Q&A

不動産投資に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
不動産投資が初めての方も お気軽に和不動産までご連絡くださいませ。
メール、電話(フリーダイヤル)でも受け付けております。

■不動産投資に関する お問い合わせ先
株式会社 和不動産
メール: info@nagomi-fudousan.com  >>お問い合わせフォームはこちら
電話(フリーダイヤル):0120-003-753


オリジナルコンサルシステム 不動産投資 初心者におくる46のメッセージ 相続税対策 マイベストジョブ 相続税・生前贈与対策は和不動産で 老後破産を防ぐ オーナー様の声 和不動産youtube公式チャンネル 雑誌掲載 資料請求受付中 メルマガ配信中

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー