不動産投資で成功するかは、投資家の器で決まります。

不動産投資の和不動産

不動産投資の考え方

不動産投資で成功するかは、投資家の器で決まります。

不動産投資家には誰でも簡単になれますが、簡単に成功するのは難しい世界です。経済的な知識があまりない人中には、投資で成功しようとする安易な人もいます。しかし、投資の世界も、そんなに甘くはありません。プロでもうまくいかないことが多いわけで、素人がちょっとかじったくらいでは、成功できないと考えた方が無難です。将来、投資家になるにしても、投資家としての器を広げておく必要があります。

ある作家さんが、「若い頃のお金は貯まらない」と書いていました。若いころのお金が貯まらない理由は、「お金の扱い方を知らない」からです。お金は稼ぐのと同じくらい、扱い方が重要になります。お金持ちになる途上で、上手くいかないことがあるのは、そのお金を扱う器を身につけていないからなのです。

1000万円をしっかり稼いで、上手に使える人なら、次の2000万円を作り出すこともそんなに難しくないはず。使ったお金は、いろんな形で社会を回って、しばらくしたらあなたの所に帰ってくるんだと気軽に構えることです。そのお金は一見すると、なくなっているようでも、ちゃんと自分の身になっています。お金が、あなたの人脈、知恵、信用などの形に姿を変えただけなのです。それが、将来のもっと大きな金額のお金、情報の流れを引き寄せてくれます。その場所から、もっと稼ぐ力、お金を引き寄せる力をつけて、初めてお金持ちへの入口が見つかります。
お金持ちになりたいのであれば、お金を扱う器を広げることも考えましょう。

お金の面白いところは、ある程度まとまった時から、一気に増えていくことです。これを「加速の法則」と呼びます。

加速の法則
1億円から1000万円増やすより、最初の100万円を貯めることの方が何倍も大変かもしれません。1000万円を使い切れた人には、次の1000万円は、時間差が入ってくるでしょうが、その時のお金を今度はどうするかであなたの5年後の収入が決まってきます。それをまた良い形で投資できるか?今度こそ貯金するぞとなるか?で、人生は全く違うものになるでしょう。こうして、入ってきたお金をどう扱うか、あなたのお金に対する器を試されているのです。

不動産投資セミナー WEB個人面談

資産と負債の違いを知ろう

お金の器を広げるためにも、資産と負債の違いを知っておくとよいでしょう。「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏の定義によれば、資産はお金をもたらしてくれるもの、負債はお金を奪うものです。これ以上に簡単な定義はありません。

彼の言葉を借りれば、自分のポケットにお金を入れてくれるものが資産、ポケットからお金を奪っていくものは負債なのです。
家賃収入が見込めるマンション、アパートは資産です。
車は現金で買っていたとしても、価値が目減りするし、維持費がかかるので負債ということになります。

一見お金持ちに見える人も、大きな家、高級車、別荘をローンで買っていたとしたら、その人は負債がいっぱいある割には、資産を何も持っていないことになります。

同じように、投資と消費の違いも覚えておいて下さい。将来あなたが、お金を生み出すことに役に立つものは投資になり、あなたからお金を奪うもの、価値を生み出さないものは、消費になります。この違いをしっかり押さえておけば、それだけでも随分違うでしょう。長い間の人生で、資産を増やし、負債を減らせばいいのです。結局、お金の扱い方が人生を大きく左右します。お金を増やすのであれば、資産を買って働かなくても獲得できる不労所得を得ることが必要なのです。日常生活お金を使うときは、負債ではなく、資産を買うことを意識しましょう。

いい借金と悪い借金の違いを知っておきましょう!

日本人は、「お金は借りてはいけないもの」と、小さい頃から教えられているようです。しかし、現実的には、ほとんどの人が住宅ローンを組むでしょうし、カードで借金する人たちもたくさんいます。クレジットカードは、誰もが使う時代になりましたが、あれも1ヵ月先に支払うことから借金の一形態だといえるでしょう。現在では、借金すること無しに生活することが、難しくなっています。つまり、借金を理解することで、人生は大きく変わるとも言えるでしょう。

ただ、借金は賢くやると、お金持ちへの最短コースへの鍵にもなりえます。ビジネスオーナーや不動産投資家が規模拡大のために利用するのが、借金です。すべての借金を毛嫌いする代わりに、借金とは何か、どの借金が良くて、どういう借金をしないほうがいいのかを知っておくと良いでしょう。まず、借金とは「あなたが将来の収入から返済することを約束して借りる負債だ」ということを明確に意識しておいて下さい。

良い借金と悪い借金という言葉ですが、何が良くて何が悪いかという話を先にしておきましょう。

良い借金は、あなたを将来お金持ちにしてくれるものです。
悪い借金は、あなたを将来貧乏にするものだと考えてください。

してもいい借金は、将来価値が増えていくのが確実な資産を買う時か、キャッシュフローを生み出す資産を買う場合のみ。その際の基準は、借金の金利以上のお金を生み出せるかどうかです。こういう基準で見ていくと、同じ不動産投資でも、毎月のキャッシュフローが黒字の物件でないといけないことがわかります。借金と上手く付き合えるかも、あなたのお金の扱い方が試されているのです。

生涯でどれだけ稼ぐかを決めましょう。

お金のことを考える時に「死ぬまでに、どれぐらい稼ぐか」を考えることは、非常に重要です。なぜなら、それによって、やることが変わるからです。みんなお金持ちになりたいと漠然とは考えていますが、どれくらいのお金持ちになりたいのか明確に考えている人はほとんどいません。「とにかくお金持ちになりたい」という人ほど、実際のプランとなると何もなかったりします。お金持ちの世界にもいろいろあり、それぞれのレベルにいくには必要な物があります。もちろん、95%の人は、普通の生活をしているのですから、そうしている限り経済的に成功することはできません。死ぬまでにいくらぐらい稼ぐのかを考えることで、プランがとても現実的になります。生涯1億円なのか、3億円なのか、10億円なのかでは、人生は全然違ってきます。

生涯1億円以下の稼ぎしかないとしたら、今の日本では経済的に恵まれない人生を生きることになります。

生涯2億円稼ぐ人生は、生活必需品をまかない、質素な暮らしをしながら、たまに旅行に行ったり、楽しいこともそれなりにできると思います。ただ、時間の自由は制限された生活になるでしょう。

生涯3億円稼ぐ人は、優秀なビジネスマンとして、大きな組織に何十年属したか、自営業でお客さんに優秀なレベルのサービスをした人です。

生涯5億円以上稼ぐ人は、大きなスケールで、世の中に貢献した人です。また、お金のことよくわかっている人でもあります。投資やビジネスに才能を持ち、リスクを進んで冒した人です。

それぞれに人生で与えているもの、受け取っているものが違うのが理解できるでしょうか。自分が与えた価値の分だけ、見返りはあります。自分の器を知り、それを大事に守るという生き方も、幸せのためには大事です。生涯どれだけ稼いで、どのような人生を生きたいのか考えてみましょう。

不動産投資セミナー WEB個人面談



3つの異なった目的を達成する3つのプランをしっかり練ってみませんか


和不動産のセミナーや個別相談にお越しください。目的達成のお手伝いをいたします。

セミナー案内へ




不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー