不動産投資で成果を出すための行動力をアップさせる方法!

不動産投資の和不動産

不動産投資家として成長するために

不動産投資で成果を出すための行動力をアップさせる方法!

頭ではわかっているけれども、なかなか行動に移せない。
心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

行動を躊躇してしまう理由は、完璧を求めすぎて失敗を過剰に恐れているからです。
そもそも、人生を失敗もせずに完璧に送っている人はいるのでしょうか?
ほとんどの人は、多かれ少なかれ失敗をしてそこから何かを学び取り、より良い人生になるよう創意工夫して生活しているのではないでしょうか?

失敗にも種類があり、失敗のダメージがあまりに大きすぎるのは、もちろんダメなことです。
しかし、失敗しても挽回が効くような小さい失敗を繰り返すことで、ノウハウは磨かれていくものだと考えて、チャレンジしていくことで道が開かれることもあります。投資にはリスクが付きものですから、小さい失敗を恐れずにチャレンジすることも必要なのです。

チャレンジ

新しいことに挑戦する「心の持ち方」として、1つの方法を紹介いたします。
それは、目標を設定するときには「今、何ができるか」ではなく「これから、何ができるようになりたいか」を考えるようにしてください。

心理学で裏付けられた「新たなことに、自信と活力を持って挑戦する方法」があります。
それはあまりに単純で、驚いてしまうかもしれません。その方法とは「失敗してもいいと開き直る」ということです。

「今はできなくても、できるようになる」
「能力とは生まれつき決まっているもので、変えることはできない」
という考え方は間違っていることが、多くの研究で実証されています。
つまり、能力は努力次第で伸ばせるのです。
「私は自分が望むように変わることができる」そう思えば、人生はどれだけ自由でエキサイティングになるでしょうか?
失敗を恐れずにチャレンジすることで、道は開かれるのです。

「失敗してもいい」「失敗なんて何でもない」と考えると、実際に失敗する確率は大幅に低くなるという研究結果があります。
なぜそうなるのか。目標には、2つのタイプがあります。

【1】「証明ゴール」

「私はそれをする能力がある」といったことを証明するのが目標。
「自分が本当にできているのだろうか」と不安になる。能力を発揮することを阻害する最大の要因は不安感です。

【2】「成長ゴール」

「能力を伸ばして、今までできなかったことをできるようにする」。
失敗しても「また一つ学んだ」と思えるようになる。つまり、「成長ゴール」とは失敗の落胆から、あなたを守ってくれる味方となるのです。

成長を実感する充実感は「完璧」を目指す緊張感とは、まったく別のものです。投資にチャレンジするときは、人と比べて何かを証明するのではなく、自分自身の成長にフォーカスをあてることが不動産投資のノウハウを得るコツと言えます。

不動産投資家として自分自身を成長させるコツは、3つあります。

・ 焦らず、完璧主義にならないようにする。
・ 上手くいっている人に助けを求める。
・ 人と自分を比べない

自分自身の成長を実感するために大切なポイントは、数字です。
数字の管理の仕方を覚えて、自分が成長している指標にしていくことも不動産投資では重要で、キャッシュフローを向上させることに集中し、自信の成長を実感していきましょう。

数字を向上させるためには、それなりの行動と努力も必要です。そこにも注意すべき考え方があります。

目標に向かって努力をするとき、ポジティブに考えることは大切です。
確かにポジティブであることは大切なのですが、目標達成を甘く考えてはいけません。
目標が価値のあるものであればあるほど、時間、計画、汗、辛抱が必要となるからです。

「望むことは簡単にできる」「ほしいものは簡単に手に入る」と考えると失敗の確率が高まるという研究があります。
そう考えたせいで油断してしまい、必要な準備を怠ってしまうからです。

「目標は達成できる」と信じるのは変わらず大切なことです。
しかし、「目標は簡単に達成できる」と考えてはいけない。ここに注意すべきです。

目標を達成するために、「現実的な楽観主義者」になりましょう。

「現実的な楽観主義者」とは、「成功を望み、それに相応しい努力をする人」です。
つまり、詳細なプランを立てて、正しい戦略を練り、成功をつかむまでへこたれずに努力する人になります。

反対に注意しなければいけない考え方の人は、「非現実的な楽観主義者」です。

「非現実的な楽観主義者」の人は、成功や目標達成は自然に与えられると考えています。
「ポジティブ・シンキングに励めば、自然と成功はやってくる」そして「自分には都合の悪いこと、ネガティブなことは起らない」と思っています。
まるで、自分がスーパーマンにでもなったかのようですが、「スーパーマンであることを隠すために大変な努力をしている」といった不都合には目をつむっているのです。

チャレンジ

それに打ち勝つには、目標達成が簡単でないことを意識し、成功することの困難を意識することです。
「不安に思って障害を探すこと」は成功へのステップです。

まずは、「自分の前に横たわる課題や困難から逃げないで、しっかり見つめること」そして「課題や困難がどの程度のものなのかを検討すること」を考えましょう。
さらに、成功するまでのステップと取るべき行動をあらかじめ決めておくといいのです。

不動産投資セミナー WEB個人面談

現実的楽観主義者になるには、やるべきことをあらかじめ決めて置き、自動的に行動していくことが重要です。
これを心理学の用語で、「if-then」プランニングと言います。

「if-then」プランニングとは

「if-then」とは「もしこうなったら、こうする」という意味ですが、事前に「いつ」「何を」やるかを、はっきりと決めておくことで、実行できる確率は2倍から3倍も高くなるそうです。これによって意識せず、毎日着実に行動できれば、目標にグッと近づくことができるでしょう。

例えば、こんな実験結果があります。

「運動を習慣化したい」
if-thenプランニングした被験者・・・91%が習慣化に成功。
普通の目標設定をした被験者・・・31%が習慣化に成功

事前にするべきことをはっきりさせておけば、意識しなくても、行動すべき時に自動的に行動できるのです。

目標に具体性を与えることで、達成の確率は大幅に上がります。

①目標達成のために、すべきことを明確にする

②「いつ」「どんなときに」行動に移すのかを考える。

・どんな状況になったら、それをするのでしょうか?

③if-thenプランニングに落とし込む。

(例)
ⅰ(if) もし、100万円貯まったら
ⅱ(then) 再投資するための方法を検討する

このように、あらかじめ行動を機械的に決めておくことが、目標達成に非常に重要なアクションなのです。
あらかじめ行動を決めておくために重要なポイントは、プランを複雑化しすぎないことです。
複雑にすればするほど、行動をあらかじめ決めることが難しくなります。プランは、シンプルにしておくことが行動を起こし易くするポイントと言えるでしょう。

そして、もう1つ大事なポイントがあります。
それは、数字の管理です。
不動産投資における数字の管理、例えば、毎月のキャッシュフローやローンの残債などを管理することで、自分の成長が実感でき、行動の指針であるif-thenプランニングも効果的に活用できるようになります。
数字を管理し、成長を実感し、行動するこれが習慣化すれば、不動産投資家として自然と成長できるようになるでしょう。
ぜひ、参考にしていただければと、思います。



不動産投資で成功するためは、数字を管理し、成長を実感し、行動することを習慣に


より詳しく知りたい方はセミナーや個別相談にお越しください。不動産投資成功もまずは一歩から。

セミナー案内へ

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー