不動産投資家として成長するためには気づきが重要!

不動産投資の和不動産

不動産投資家として成長するために

不動産投資家として成長するためには気づきが重要!

不動産投資で成功するには、不動産投資家として成長しなければなりません。不動産投資家として成長するには、自分自身をセルフコーチングして、多くの“気づき”を得る必要があります。

“気づき”を得るためのキーワードは、「対話」です。不動産投資家として成長するには、対話が必要です。対話を繰り返すことによって、自分自身に問いを発し、それに答え、行動するという成長サイクルを得ることができます。そうすることで、自分の中で多くの“気づき”を得ることができます。
そのメカニズムを確認し、対話の重要性を認識しましょう。

対話の重要性

対話を繰り返す目的は、双方向の会話で自分自身の中での「無意識を顕在化」させることです。
そして、自分自身が「当然だ」と思っていることについて、深堀することがポイントになります。
というのも、人は自分自身の中で「当然だ」と思えば、行動に移せます。

しかし、その「当然だ」、「当たり前」ということが、不動産投資において当たり前でないこともあります。
むしろ、不動産投資が上手くいっていない、など現状を変えたいのであれば、今、当たり前だと思っていることを変える必要があるでしょう。
なぜなら、今の状況を確立しているものは、今の自分が当たり前だ、と思って行動してきた結果を反映しているだけだからです。

自分自身の無意識での思考パターンや物事の捉え方を顕在化させることによって、目標や不動産投資家自身の成長にそれが有効なのかどうかを検証することが、成長過程において非常に重要なポイントになります。

不動産投資セミナー WEB個人面談

もし今までの思考パターンや物事の捉え方が、現在向かっている目標や成長にブレーキをかけていることがわかれば、今までとは違う選択肢が存在することがわかり、行動を変化させることができるようになるでしょう。
その無意識を顕在化させる作業が、対話なのです。

対話によって無意識の思考や行動の原因をアウトプットし自覚することで、不動産投資家が自ら、目標や成長に向けて最も有効な方法の選択、実践、軌道修正ができるようになります。このことが、不動産投資家として成長していくために重要なスキルだと言えます。

対話により、長期的成長という意図をもって無意識を顕在化させています。
無意識にあるものを言語化させて、行動に結びつくような気づきを得るには、たくさん対話をする必要があります。
その中で自分自身が多くのことを言語化することで、有効な「気づき」が得られるものです。

そのために、成功するためにも不動産投資家には、不動産投資の話ができる相手が必要になります。

「気づき」が起こる仕組みを少し別の視点から捉えてみたいと思います。
話はぐっとミクロレベルになります。私たちの身体は平均60兆個の細胞で構成されています。
この細胞間でもコミュニケーションが交わされています。それを表したのは下の図です。

パラクライン

パラクライン
上記の図は、A細胞が情報を発信して、B細胞のレセプター(受容器)がそれをキャッチする様子を表しています。
このように近隣の細胞へ作用をすることを「パラクライン」と言います。

ところが、A細胞から発信された情報は、A細胞自身にも作用していることがあるのです。
これを「オートクライン」と呼びます。(下図)

オートクライン

オートクライン
この図のA細胞、B細胞を人の対話に置き換えてみましょう。
AさんはBさんに話をしながら自分自身にも話をしていることになります。
つまり、人は、会話の中で、自分の内側の情報をアウトプットすることで、はじめて内側の情報を自分自身で正確に認識することができるのです。

「会話を交わすことで言語化し、アウトプットすることで自分のアイデアを認識する」。

つまりオートクラインを起こすのです。
対話の中の場合、オートクラインによってもたらされるものが、「気づき」になります。

対話の中で、効果的にクライアントのオートクラインを起こすには、対話の質と量を向上させる必要があります。

気づき

対話の質を高めるための有効な手段が「質問」です。
潜在意識に質問という方法で働きかけて、無意識を顕在化させます。
もし、相手がいない場合は、自問自答という方法も有効になります。

私たちの大脳には、前頭葉と側頭葉という部分があります。
前頭葉は他の領域の機能を働かせる命令を出すことから、「脳の指令塔」と呼ばれています。
対して、知識や経験などを蓄積しているのが側頭葉です。
普段、私たちが「こんな時はどうしたらいいのか」といった問題に直面すると、前頭葉が側頭葉というデータベースを検索し、知識や経験に基づく答えを返す仕組みが働きます。
つまり、脳の中では、前頭葉と側頭葉の間で「質問する⇔答える」というコミュニケーションが交わされていると捉えることができます。

問題に直面した時の脳内の動き

パラクライン

ここで大切なのは、普段から自分に問いかけている質問をしても、オートクラインはなかなか起こらないということです。
新たな気づきを生むためには普段から考えていることと違う刺激を取り入れることが必要です。

コーチの質問がオートクラインを引き起こす

パラクライン
これを、不動産投資家に置き換えると、成功するために不動産投資家として成長するには、対話によって自分の知らない新しい刺激や知識を増やし続けることが必要です。

それを繰り返すことによって、さらに新たな気づきが生まれ、成長スピードが高まるのです。
だから、不動産投資の話ができる相手を持つことが、不動産投資家として重要なのです。

しかし、不動産投資家として成長するには、これだけでは足りません。
なぜなら、不動産投資を続けていくなかで、取り巻く状況は日々変わるからです。
変化する状況に対応するには、続けていく、という“継続性”が必要になります。

継続して不動産投資の対話を繰り返すことで、不動産投資家としての成長は促進されます。
諦めずに継続して行動し続けることは、成功のための重要な要素です。
皆さんの周囲の成果を上げている人には、この「成功するまでやり続ける」という行動特性もあるのではないでしょうか。

目標を達成するまで、行動し続ける。
そして、直面する問題は、対話を繰り返し、気づきを得て解決する。

不動産投資で成功するためは、この繰り返しの対話が必要なのです。

しかし、対話の相手を探すのも、なかなか簡単ではありません。不動産投資を実施して困っている人は、相談できる人がいないという問題を抱えています。
不動産投資で成功するためにも、対話の相手を確保することは重要でしょう。対話相手は、不動産会社の営業担当でも別に問題はありません。本当に必要な時に、自分自身を成長に導くための相談相手になってくれることがいいのです。

相談できるという環境があるということも、不動産投資では必要なことであるということを覚えておきましょう。

相談できるという環境



不動産投資で成功するためは、繰り返しの対話が必要


自分自身を成長に導くための相談相手として和不動産の個別相談を活用してみてください。

セミナー案内へ

不動産投資セミナー 無料個別相談 ウェビナー LINE公式アカウント オーナー様の声 オリジナルコンサルシステム 代表取締役 仲宗根 和徳書籍 コロナショックで判明!安心を得るための方程式は【本業+資産収入】でした! マンション経営で結果を出すために習慣を変えるべき理由 変化に対応 メディア掲載実績 和不動産youtube公式チャンネル engage

初心者の方にオススメ
セミナー情報はこちら個別相談はこちら
お電話はこちら

株式会社和不動産
メニュー